医療機関のレーザー脱毛とはエステティックのアプローチとどう違うのか

レーザー脱毛は、どのような施術を行うことなのだと思いますか?エステサロンで行っているフラッシュを使うものとの一緒でない部分は大方何なのでしょう?

医療レーザー脱毛は、毛のメラニン色素にだけ反応して熱を当てるといった医療レーザーの特性を使用した方法なので、皮膚を傷める心配事は無いです。

TBCなどのサロンで扱われているフラッシュを使う光脱毛と医療レーザーの機械の一番異なる部分はここ!医療機関しか医療レーザーを使えないこと。安心できて確然な効果を実感するため、テクニカルなスキルや知識を学ぶことが大事なんです。だからレーザー脱毛はサロンの脱毛と異なって医療行為に指定するんですね。

レーザー脱毛だと肌が痛むという危険性もあります。でも、医療機関の施術なのでケアも豊富なので脱毛が初めてでも安全です。

医療行為となるレーザーの強度は脱毛専門エステの光脱毛器と比べて出力を大きめにセットする許可が降りているので医療レーザーの施術は脱毛には効果が実感しやすいわけです。医療レーザーの脱毛と専門の脱毛エステの脱毛を比較すると、すごいことに脱毛にかかる回数が2/3くらい減らせるケースもあるのです。全身脱毛するのならば、比べておくと安心ですよ。

いいことばっかりのレーザー脱毛。でも、ちゃんと全体も見てみましょう。当然、使いにくい面も調べるべきです。価格面ではサロンの脱毛費用の数倍多いこともあるんですよ。美容外科クリニックでは脱毛専門店とは違い医療施設ゆえに施術をする時間がかなり短いのがネックですよね。脱毛エステみたいに夜遅い時間まで営業することはほぼないです。医療レーザーにすれば少ない施術回数で効果がありますが、サロンより短い営業時間に脱毛の施術が集中するので、電話予約でも嫌になるという難点があるようです。

8月 4, 2016 | Posted by in 脱毛エステ | 医療機関のレーザー脱毛とはエステティックのアプローチとどう違うのか はコメントを受け付けていません。